バックナンバー

  • 2024/07/19 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第610号(令和6年7月19日配信)
  • 2024/07/12 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第609号(令和6年7月12日配信)
  • 2024/07/05 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第608号(令和6年7月5日配信)
  • 2024/06/28 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第607号(令和6年6月28日配信)
  • 2024/06/21 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第606号(令和6年6月21日配信)
  • 2024/06/14 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第605号(令和6年6月14日配信)
  • 2024/06/07 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第604号(令和6年6月7日配信)
  • 2024/05/31 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第603号(令和6年5月31日配信)
  • 2024/05/24 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第602号(令和6年5月24日配信)
  • 2024/05/17 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第601号(令和6年5月17日配信)
  • 2024/05/10 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第600号(令和6年5月10日配信)
  • 2024/04/26 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第599号(令和6年4月26日配信)
  • 2024/04/19 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第598号(令和6年4月19日配信)
  • 2024/04/12 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第597号(令和6年4月12日配信)
  • 2024/04/05 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第596号(令和6年4月5日配信)
  • 2024/03/29 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第595号(令和6年3月29日配信)
  • 2024/03/22 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第594号(令和6年3月22日配信)
  • 2024/03/15 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第593号(令和6年3月15日配信)
  • 2024/03/08 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第592号(令和6年3月8日配信)
  • 2024/03/01 (Fri) 14:00
    「あおもり歴史トリビア」第591号(令和6年3月1日配信)
  • 2024/02/16 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第590号(令和6年2月16日配信)
  • 2024/02/09 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第589号(令和6年2月9日配信)
  • 2024/02/02 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第588号(令和6年2月2日配信)
  • 2024/01/26 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第587号(令和6年1月26日配信)
  • 2024/01/19 (Fri) 16:00
    「あおもり歴史トリビア」第586号(令和6年1月19日配信)
  • 2024/01/12 (Fri) 15:00
    「あおもり歴史トリビア」第585号(令和6年1月12日配信)
  • 2024/01/05 (Fri) 15:02
    「あおもり歴史トリビア」第584号(令和6年1月5日配信)
  • 2023/12/22 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第583号(令和5年12月22日配信)
  • 2023/12/15 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第582号(令和5年12月15日配信)
  • 2023/12/08 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第581号(令和5年12月8日配信)
  • 2023/12/01 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第580号(令和5年12月1日配信)
  • 2023/11/24 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第579号(令和5年11月24日配信)
  • 2023/11/17 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第578号(令和5年11月17日配信)
  • 2023/11/10 (Fri) 14:00
    「あおもり歴史トリビア」第577号(令和5年11月10日配信)
  • 2023/10/27 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第576号(令和5年10月27日配信)
  • 2023/10/20 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第575号(令和5年10月20日配信)
  • 2023/10/13 (Fri) 15:00
    「あおもり歴史トリビア」第574号(令和5年10月13日配信)
  • 2023/10/06 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第573号(令和5年10月6日配信)
  • 2023/09/29 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第572号(令和5年9月29日配信)
  • 2023/09/22 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第571号(令和5年9月22日配信)
  • 2023/09/15 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第570号(令和5年9月15日配信)
  • 2023/09/08 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第569号(令和5年9月8日配信)
  • 2023/09/01 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第568号(令和5年9月1日配信)
  • 2023/08/25 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第567号(令和5年8月25日配信)
  • 2023/08/18 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第566号(令和5年8月18日配信)
  • 2023/08/04 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第565号(令和5年8月4日配信)
  • 2023/07/28 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第564号(令和5年7月28日配信)
  • 2023/07/21 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第563号(令和5年7月21日配信)
  • 2023/07/14 (Fri) 16:00
    「あおもり歴史トリビア」第562号(令和5年7月14日配信)
  • 2023/07/07 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第561号(令和5年7月7日配信)
  • 2023/06/30 (Fri) 15:00
    「あおもり歴史トリビア」第560号(令和5年6月30日配信)
  • 2023/06/23 (Fri) 13:00
    「あおもり歴史トリビア」第559号(令和5年6月23日配信)
  • 2023/06/16 (Fri) 13:00
    「あおもり歴史トリビア」第558号(令和5年6月16日配信)
  • 2023/06/09 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第557号(令和5年6月9日配信)
  • 2023/06/02 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第556号(令和5年6月2日配信)
  • 2023/05/26 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第555号(令和5年5月26日配信)
  • 2023/05/19 (Fri) 17:00
    「あおもり歴史トリビア」第554号(令和5年5月19日配信)
  • 2023/05/12 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第553号(令和5年5月12日配信)
  • 2023/04/28 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第552号(令和5年4月28日配信)
  • 2023/04/21 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第551号(令和5年4月21日配信)
  • 2023/04/14 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第550号(令和5年4月14日配信)
  • 2023/04/07 (Fri) 14:10
    「あおもり歴史トリビア」第549号(令和5年4月7日配信)
  • 2023/03/31 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第548号(令和5年3月31日配信)
  • 2023/03/24 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第547号(令和5年3月24日配信)
  • 2023/03/17 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第546号(令和5年3月17日配信)
  • 2023/03/10 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第545号(令和5年3月10日配信)
  • 2023/03/03 (Fri) 13:00
    「あおもり歴史トリビア」第544号(令和5年3月3日配信)
  • 2023/02/24 (Fri) 13:00
    「あおもり歴史トリビア」第543号(令和5年2月24日配信)
  • 2023/02/17 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第542号(令和5年2月17日配信)
  • 2023/02/10 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第541号(令和5年2月10日配信)
  • 2023/02/03 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第540号(令和5年2月3日配信)
  • 2023/01/27 (Fri) 12:05
    「あおもり歴史トリビア」第539号(令和5年1月27日配信)
  • 2023/01/20 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第538号(令和5年1月20日配信)
  • 2023/01/13 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第537号(令和5年1月13日配信)
  • 2023/01/06 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第536号(令和5年1月6日配信)
  • 2022/12/23 (Fri) 14:00
    「あおもり歴史トリビア」第535号(令和4年12月23日配信)
  • 2022/12/16 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第534号(令和4年12月16日配信)
  • 2022/12/09 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第533号(令和4年12月9日配信)
  • 2022/12/02 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第532号(令和4年12月2日配信)
  • 2022/11/25 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第531号(令和4年11月25日配信)
  • 2022/11/18 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第530号(令和4年11月18日配信)
  • 2022/11/11 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第529号(令和4年11月11日配信)
  • 2022/11/04 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第528号(令和4年11月4日配信)
  • 2022/10/28 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第527号(令和4年10月28日配信)
  • 2022/10/21 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第526号(令和4年10月21日配信)
  • 2022/10/14 (Fri) 12:56
    【再送】「あおもり歴史トリビア」第525号(令和4年10月14日配信)
  • 2022/10/14 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第525号(令和4年10月14日配信)
  • 2022/10/07 (Fri) 12:10
    「あおもり歴史トリビア」第524号(令和4年10月7日配信)
  • 2022/09/30 (Fri) 15:00
    「あおもり歴史トリビア」第523号(令和4年9月30日配信)
  • 2022/09/16 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第522号(令和4年9月16日配信)
  • 2022/09/09 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第521号(令和4年9月9日配信)
  • 2022/09/02 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第520号(令和4年9月2日配信)
  • 2022/08/26 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第519号(令和4年8月26日配信)
  • 2022/08/19 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第518号(令和4年8月19日配信)

「あおもり歴史トリビア」第610号(令和6年7月19日配信)

2024/07/19 (Fri) 12:00
「あおもり歴史トリビア」第610号(令和6年7月19日配信)

■□■□■□■□■□■
〈青森市メールマガジン〉
■□■□■□■□■□■ 

こんにちは!歴史資料室の鈴木です。
今回は、7月3日より始まった館内展示「戦争の時代のはじまり-市民の生活意識はどう変わったのか」に関する展示図書をご紹介したいと思います。

まず、川名紀美著『女も戦争を担った~昭和の証言~』(河出書房新社 2023年)です。
これは、昭和57年(1982)に出版された本が41年ぶりに復刊されたものです。ともすれば被害者として語られることの多い女性たちが、実際には戦時下でどのように過ごし、戦争とどう関わったのか。著者は、当時多くがご存命だった各地の戦争体験者に取材し、本にしました。
第一章は「息子を『売った』母」。実は、これは俳優の三国連太郎さんのお母さんなのです。彼は昭和18年に召集令状を受け取りますが、「何としても生きたい」と兵役を逃れて大陸に渡ろうとしました。しかし、逃亡の途中でふと家族を思い手紙を出します。息子の逃亡を知った母はどうしたのか? 愛する息子を死なせないためにはどうすればよかったのか?
ほかにも、軍国美談として国定教科書に取り上げられた母、一生懸命に豆兵隊をつくった熱心な女教師、昭和7年に大阪で国防婦人会を立ち上げた女性や、そこで活動することに生きがいを見出した女性など13の事例が記録されています。
家族への愛情や、自分も世の中の役に立ちたいという女性の思いが、いつの間にか戦争遂行に利用されてしまった、そんな時代があったことを伝える1冊です。

2冊目は、大塚英志著『「暮し」のファシズム―戦争は「新しい生活様式」の顔をしてやってきた』(筑摩書房 2021年)です。
令和2年(2020)春、新型コロナウィルスの感染拡大のなか、「新しい生活様式」という言葉をよく耳にしましたね。戦時下の昭和15年にも、これと似た言葉が聞かれました。国が「高度国防国家」を築くため、国民に日常生活の「新体制」を求めたのです。さらに、その新体制下では「自粛」「工夫」「科学」といった言葉もよく使われていました。
著者は、「プロパガンダに見えるプロパガンダと、プロパガンダに見えないプロパガンダがある」といいます。また、戦争を鼓舞する「男文字」のことばと、日常や生活の領域に入りこむ「女文字」の言葉があるともいい、それを国策広告に携わった花森安治らによるスローガンや、太宰治の小説『女生徒』、長谷川町子の漫画『サザエさん』などの作品から読み解いていきます。

ほかにも、日本占領下の上海が舞台の、手塚治虫原案・桜庭一樹著『小説火の鳥 大地編 』(朝日新聞出版 2021年)や、日中戦争中にモンゴルからチベットに潜行し戦後インドを経て帰国した西川一三を描いた、沢木耕太郎著『天路の旅人』(新潮社 2022年)など86冊を展示しています。すべて貸し出しできますので、ぜひ手に取っていただければと思います

《問合せ》
青森市民図書館 歴史資料室
青森市新町一丁目3番7号
TEL:017-732-5271
電子メール: rekishi-shiryo@city.aomori.aomori.jp

青森市メールマガジンをご利用いただき、ありがとうございます。
登録の変更や利用停止の手続は、次の画面からどうぞ。
○青森市ホームページ
http://www.city.aomori.aomori.jp/mailmagazine-riyou.html