バックナンバー

  • 2022/08/05 (Fri) 14:01
    「あおもり歴史トリビア」第516号(令和4年8月5日配信)の訂正について
  • 2022/08/05 (Fri) 13:30
    「あおもり歴史トリビア」第516号(令和4年8月5日配信)
  • 2022/07/29 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第515号(令和4年7月29日配信)
  • 2022/07/22 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第514号(令和4年7月22日配信)
  • 2022/07/15 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第513号(令和4年7月15日配信)
  • 2022/07/08 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第512号(令和4年7月8日配信)
  • 2022/07/01 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第511号(令和4年7月1日配信)
  • 2022/06/24 (Fri) 13:00
    「あおもり歴史トリビア」第510号(令和4年6月24日配信)
  • 2022/06/17 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第509号(令和4年6月17日配信)
  • 2022/06/10 (Fri) 14:00
    「あおもり歴史トリビア」第508号(令和4年6月10日配信)
  • 2021/07/16 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第465号(令和3年7月16日配信)
  • 2021/07/09 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第464号(令和3年7月9日配信)
  • 2021/07/02 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第463号
  • 2021/06/25 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第462号
  • 2021/05/14 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第456号
  • 2021/05/07 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第455号
  • 2021/04/30 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第454号
  • 2021/04/23 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第453号
  • 2021/04/16 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第452号
  • 2021/04/09 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第451号
  • 2021/04/02 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第450号
  • 2021/03/26 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第449号
  • 2021/03/19 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第448号
  • 2021/03/12 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第447号
  • 2021/03/05 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第446号
  • 2021/02/26 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第445号
  • 2021/02/19 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第444号
  • 2021/02/12 (Fri) 10:00
    「あおもり歴史トリビア」第443号
  • 2021/02/05 (Fri) 10:00
    「あおもり歴史トリビア」第442号
  • 2021/01/29 (Fri) 10:00
    「あおもり歴史トリビア」第441号
  • 2021/01/22 (Fri) 10:00
    「あおもり歴史トリビア」第440号
  • 2021/01/15 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第439号
  • 2021/01/08 (Fri) 15:00
    「あおもり歴史トリビア」第438号
  • 2020/12/25 (Fri) 10:00
    「あおもり歴史トリビア」第437号
  • 2020/12/18 (Fri) 10:00
    「あおもり歴史トリビア」第436号
  • 2020/12/11 (Fri) 10:00
    「あおもり歴史トリビア」第435号
  • 2020/12/04 (Fri) 10:00
    「あおもり歴史トリビア」第434号

「あおもり歴史トリビア」第435号

2020/12/11 (Fri) 10:00
「あおもり歴史トリビア」第435号(令和2年12月11日配信)

■□■□■□■□■□■
〈青森市メールマガジン〉
■□■□■□■□■□■  

 こんにちは。歴史資料室の村上です。

 先日、安方桟橋についてのお問い合わせを頂き、建設の過程を調べてみたところ、新しい発見がいくつかありました。今回はその成果をご紹介します。

 安方桟橋とは明治44年(1911)の8月から9月にかけて行われた皇太子(のちの大正天皇)の北海道行啓に合わせて建設された桟橋です。この時、皇太子は東京から青森まで鉄道で移動し、青森からは軍艦に乗って北海道へと向かっています。この軍艦に乗艦する際に利用したのが安方桟橋でした。

 安方桟橋の建設工事は明治44年5月に始まりました。工事を落札したのは富樫文治で、全国で「幾多の大事業」を請け負ってきた人物だといいます(『東奥日報』明治44年5月3日付)。富樫は東京神田で土木建築請負業を営んでおり、日本銀行小樽支店(明治45年竣工 現日本銀行旧小樽支店金融資料館)の建設を請け負ったことで知られています。安方桟橋の建設を請け負った当時は、まさに日本銀行小樽支店の建設工事を進めている時期でした(駒木定正「日本銀行小樽支店の明治42年における建築請負契約について」)。

 安方桟橋は6月中に完成する予定でしたが、設計変更などの影響で工事に遅れが生じ、7月中旬に完成しました(『東奥日報』明治44年7月14日付)。さらに、桟橋へ続く道(県庁通り)に松を植えるなど、皇太子を迎える準備が進められました。

 そして、8月19日午後5時40分、皇太子が青森駅に到着しました。駅正面で人力車に乗ると新町通りを東へ進み、県庁通りで北へ曲がり、安方桟橋へと向かいました。ただし、桟橋から直接軍艦へ乗ることはできないため、水雷艇に乗って軍艦まで移動しています(『東奥日報』明治44年8月20日付)。

 この日、安方桟橋には八甲田山麓の日陰かつら(ヒカゲノカズラ)を用いた装飾やさまざまな色の電灯が取り付けられました。桟橋やその周辺で行われたイルミネーションの光が海面に映り、とても美しい光景であったといいます。さらに、桟橋沖合の海上では花火の打ち上げも行われ、桟橋周辺には大勢の市民が集まったそうです。

 このように人々の関心を集めた安方桟橋でしたが、大正7年(1918)には解体されてしまいました。その背景には大正4年に始まった青森港の第一期修築工事がありました。工事に伴って安方桟橋周辺で浚渫(しゅんせつ)を行うことになり、桟橋を解体する必要が生じたのです(『東奥日報』大正7年5月16日付)。こうして安方桟橋は完成からわずか7年でその役目を終えました。


《問合せ》
青森市民図書館 歴史資料室
TEL:017-732-5271
電子メール: rekishi-shiryo@city.aomori.aomori.jp


青森市メールマガジンをご利用いただき、ありがとうございます。
登録の変更や利用停止の手続は、次の画面からどうぞ。
○青森市ホームページ
http://www.city.aomori.aomori.jp/mailmagazine-riyou.html
○携帯サイト「青森市mini」
http://www.city.aomori.aomori.jp/koho-kocho/keitai-mini/top/mailmagazine.html


-編集・発行---------
企画部広報広聴課
青森市中央1-22-5
TEL:017-734-5106
--------------------