バックナンバー

  • 2022/08/05 (Fri) 14:01
    「あおもり歴史トリビア」第516号(令和4年8月5日配信)の訂正について
  • 2022/08/05 (Fri) 13:30
    「あおもり歴史トリビア」第516号(令和4年8月5日配信)
  • 2022/07/29 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第515号(令和4年7月29日配信)
  • 2022/07/22 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第514号(令和4年7月22日配信)
  • 2022/07/15 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第513号(令和4年7月15日配信)
  • 2022/07/08 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第512号(令和4年7月8日配信)
  • 2022/07/01 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第511号(令和4年7月1日配信)
  • 2022/06/24 (Fri) 13:00
    「あおもり歴史トリビア」第510号(令和4年6月24日配信)
  • 2022/06/17 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第509号(令和4年6月17日配信)
  • 2022/06/10 (Fri) 14:00
    「あおもり歴史トリビア」第508号(令和4年6月10日配信)
  • 2021/07/16 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第465号(令和3年7月16日配信)
  • 2021/07/09 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第464号(令和3年7月9日配信)
  • 2021/07/02 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第463号
  • 2021/06/25 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第462号
  • 2021/05/14 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第456号
  • 2021/05/07 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第455号
  • 2021/04/30 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第454号
  • 2021/04/23 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第453号
  • 2021/04/16 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第452号
  • 2021/04/09 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第451号
  • 2021/04/02 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第450号
  • 2021/03/26 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第449号
  • 2021/03/19 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第448号
  • 2021/03/12 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第447号
  • 2021/03/05 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第446号
  • 2021/02/26 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第445号
  • 2021/02/19 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第444号
  • 2021/02/12 (Fri) 10:00
    「あおもり歴史トリビア」第443号
  • 2021/02/05 (Fri) 10:00
    「あおもり歴史トリビア」第442号
  • 2021/01/29 (Fri) 10:00
    「あおもり歴史トリビア」第441号
  • 2021/01/22 (Fri) 10:00
    「あおもり歴史トリビア」第440号
  • 2021/01/15 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第439号
  • 2021/01/08 (Fri) 15:00
    「あおもり歴史トリビア」第438号
  • 2020/12/25 (Fri) 10:00
    「あおもり歴史トリビア」第437号
  • 2020/12/18 (Fri) 10:00
    「あおもり歴史トリビア」第436号
  • 2020/12/11 (Fri) 10:00
    「あおもり歴史トリビア」第435号
  • 2020/12/04 (Fri) 10:00
    「あおもり歴史トリビア」第434号

「あおもり歴史トリビア」第442号

2021/02/05 (Fri) 10:00

「あおもり歴史トリビア」第442号(令和3年2月5日配信)

■□■□■□■□■□■
〈青森市メールマガジン〉
■□■□■□■□■□■  


 こんにちは! 室長の工藤です。
 昨年、100年前のスペイン・インフルエンザに関する新聞記事を探していたところ、感染症流行の合間に県内各地で盛んにマラソン大会が開催されていることに気づきました。しかも、当時の青森県ではマラソンがブームとなっていて、運動会等では花形種目でした。
 では、一体いつ青森県に「マラソン」がもたらされたのでしょう。もっとも、当時の新聞紙上での「マラソン」の用例をみていくと、40km以上走るものもあれば、10km程度の距離でもマラソンと表記されることもあり、明確に定義されたものではないようです。

 平成元年(1989)に青森県体育協会の編集・発行による『青森県体育協会史』(以下、『協会史』と略記)に、「青森県マラソン事始め」として大正7年(1918)7月9日に造道村の練兵場で開催された「東郡下の男子青年及び在郷軍人による陸上競技会らしきもの」でマラソンが実施されたことを紹介しています。今回は、この「陸上競技会らしきもの」を検証していくことにします。

 まず、実施団体は東津軽郡青年団と在郷軍人会なのですが、青年団側のプログラムと在郷軍人会側のプログラムはそれぞれ異なっていて、「陸上競技会らしきもの」に参加したのは郡内の各青年団支部の青年たちでした。
 また、青年団が実施した「競技会」は、マラソンなどの陸上競技のほかに相撲や草鞋作りなどがあり、さらに競技の始まる前には知事が服装・言動、教育の状況(教育勅語を覚えているかなど)の確認(検閲)をしています。ですから、全体としては鍛錬・修養の場であったとみられます。

 さて、この競技会でのマラソンは、会場を出発し野内橋で折り返す「二里(約8km)マラソン」で、一着は大野支団の選手でタイムは35分でした。実はこの頃、県内の長距離走は郡部の青年団所属のランナーの独壇場でした。そうした猛者たちのタイムには及びませんが、まずまずの成績といえましょう。
 なお、マラソンは「当日第一の呼物」と評され、やはり当時の人気種目であったことがうかがわれます。ですから、『協会史』は「青森県マラソン事始め」と位置付けますが、これ以前にマラソンは実施されていたと見た方がいいと思います。実際、私が確認し得たところでは、大正6年6月に青森鉄道建設事務所が合浦公園から浅虫東奥館までのマラソンを実施しています。

 最後に、この日の競技会では優勝支団に優勝旗が贈られました。これは、油川の町村長を務めた西田林八郎が寄贈したもので、同点優勝の油川と造道の支団に授与されました。



《問合せ》
青森市民図書館 歴史資料室
TEL:017-732-5271
電子メール: rekishi-shiryo@city.aomori.aomori.jp

青森市メールマガジンをご利用いただき、ありがとうございます。
登録の変更や利用停止の手続は、次の画面からどうぞ。
○青森市ホームページ
http://www.city.aomori.aomori.jp/mailmagazine-riyou.html
○携帯サイト「青森市mini」
http://www.city.aomori.aomori.jp/koho-kocho/keitai-mini/top/mailmagazine.html

-編集・発行---------
企画部広報広聴課
青森市中央1-22-5
TEL:017-734-5106
--------------------