バックナンバー

  • 2022/08/05 (Fri) 14:01
    「あおもり歴史トリビア」第516号(令和4年8月5日配信)の訂正について
  • 2022/08/05 (Fri) 13:30
    「あおもり歴史トリビア」第516号(令和4年8月5日配信)
  • 2022/07/29 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第515号(令和4年7月29日配信)
  • 2022/07/22 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第514号(令和4年7月22日配信)
  • 2022/07/15 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第513号(令和4年7月15日配信)
  • 2022/07/08 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第512号(令和4年7月8日配信)
  • 2022/07/01 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第511号(令和4年7月1日配信)
  • 2022/06/24 (Fri) 13:00
    「あおもり歴史トリビア」第510号(令和4年6月24日配信)
  • 2022/06/17 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第509号(令和4年6月17日配信)
  • 2022/06/10 (Fri) 14:00
    「あおもり歴史トリビア」第508号(令和4年6月10日配信)
  • 2021/07/16 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第465号(令和3年7月16日配信)
  • 2021/07/09 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第464号(令和3年7月9日配信)
  • 2021/07/02 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第463号
  • 2021/06/25 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第462号
  • 2021/05/14 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第456号
  • 2021/05/07 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第455号
  • 2021/04/30 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第454号
  • 2021/04/23 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第453号
  • 2021/04/16 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第452号
  • 2021/04/09 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第451号
  • 2021/04/02 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第450号
  • 2021/03/26 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第449号
  • 2021/03/19 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第448号
  • 2021/03/12 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第447号
  • 2021/03/05 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第446号
  • 2021/02/26 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第445号
  • 2021/02/19 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第444号
  • 2021/02/12 (Fri) 10:00
    「あおもり歴史トリビア」第443号
  • 2021/02/05 (Fri) 10:00
    「あおもり歴史トリビア」第442号
  • 2021/01/29 (Fri) 10:00
    「あおもり歴史トリビア」第441号
  • 2021/01/22 (Fri) 10:00
    「あおもり歴史トリビア」第440号
  • 2021/01/15 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第439号
  • 2021/01/08 (Fri) 15:00
    「あおもり歴史トリビア」第438号
  • 2020/12/25 (Fri) 10:00
    「あおもり歴史トリビア」第437号
  • 2020/12/18 (Fri) 10:00
    「あおもり歴史トリビア」第436号
  • 2020/12/11 (Fri) 10:00
    「あおもり歴史トリビア」第435号
  • 2020/12/04 (Fri) 10:00
    「あおもり歴史トリビア」第434号

「あおもり歴史トリビア」第445号

2021/02/26 (Fri) 11:00
「あおもり歴史トリビア」第445号(令和3年2月26日配信)

■□■□■□■□■□■
〈青森市メールマガジン〉
■□■□■□■□■□■  


 こんにちは。文化財課の児玉です。縄文時代の遺跡の発掘調査をしていると「2個一対の穴」があけられた土器が遺跡から出土することがあります。

青森市教育委員会では、東北縦貫自動車道八戸線の建設事業に伴い、平成8・9年(1996・97)に市内岩渡にある「熊沢遺跡」の発掘調査を実施したところ、斜面から大規模な捨て場跡が検出され、大量の縄文土器を発見しました。これらの土器を洗浄し復元していくと、「2個一対の穴」をもつ土器が相当数認められ、ほとんどが割れ目を挟んで対になっていました。この穴の正体は、「補修孔」と呼ばれるもので、紐のようなもので二つの穴を結束し、割れ目をつないだり、ヒビ割れが拡大しないようにしたものと考えられます。

皆さんご存じのように、縄文土器は、素焼きの焼き物であり、陶磁器と比べ壊れやすいものです。「熊沢遺跡」から見つかった土器は、縄文前期の円筒下層a式及びb式と呼ばれる型式がほとんどで、土器の胎土中に植物の繊維を混入させている点が特徴の一つです。土器の表面をよく観察してみると、繊維の形が残っていたり、繊維が抜け落ちていたりしているのがわかります。このような土器は、「繊維土器」とも呼ばれ、土器の焼成が不十分となるため、一般の縄文土器と比べて、さらに脆く壊れやすくなっています。この時期(型式)の土器に「補修孔」が多いのは、このためだと考えられます。

滋賀県にある湖底の縄文遺跡(粟津湖底遺跡)からは、補修孔に紐状の繊維がついた状態の土器片も見つかっています。しかも、紐で結束したあと、その上から割れ目も含めてパテのようなものを塗りこめ、念入りに補修しているのです。
このように、割れ目をふさいだり、接着したりする材料の一つに、「アスファルト」が挙げられます。特に、縄文後期後半に見られる注口土器に顕著にみられ、欠損した注口部と本体との接着に使用されています。また、土器ではありませんが、土偶にもアスファルト補修の痕跡がしばしば見られます。

以上のように、壊れた土器の多くは捨てられてしまいますが、中には、「補修孔」や「アスファルト補修」が見られる土器もあり、修復してまで使おうとする、縄文人の知恵や工夫が感じられます。




《問合せ》
青森市民図書館 歴史資料室
TEL:017-732-5271
電子メール: rekishi-shiryo@city.aomori.aomori.jp

青森市メールマガジンをご利用いただき、ありがとうございます。
登録の変更や利用停止の手続は、次の画面からどうぞ。
○青森市ホームページ
http://www.city.aomori.aomori.jp/mailmagazine-riyou.html
○携帯サイト「青森市mini」
http://www.city.aomori.aomori.jp/koho-kocho/keitai-mini/top/mailmagazine.html

-編集・発行---------
企画部広報広聴課
青森市中央1-22-5
TEL:017-734-5106
--------------------