バックナンバー

  • 2022/08/05 (Fri) 14:01
    「あおもり歴史トリビア」第516号(令和4年8月5日配信)の訂正について
  • 2022/08/05 (Fri) 13:30
    「あおもり歴史トリビア」第516号(令和4年8月5日配信)
  • 2022/07/29 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第515号(令和4年7月29日配信)
  • 2022/07/22 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第514号(令和4年7月22日配信)
  • 2022/07/15 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第513号(令和4年7月15日配信)
  • 2022/07/08 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第512号(令和4年7月8日配信)
  • 2022/07/01 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第511号(令和4年7月1日配信)
  • 2022/06/24 (Fri) 13:00
    「あおもり歴史トリビア」第510号(令和4年6月24日配信)
  • 2022/06/17 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第509号(令和4年6月17日配信)
  • 2022/06/10 (Fri) 14:00
    「あおもり歴史トリビア」第508号(令和4年6月10日配信)
  • 2021/07/16 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第465号(令和3年7月16日配信)
  • 2021/07/09 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第464号(令和3年7月9日配信)
  • 2021/07/02 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第463号
  • 2021/06/25 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第462号
  • 2021/05/14 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第456号
  • 2021/05/07 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第455号
  • 2021/04/30 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第454号
  • 2021/04/23 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第453号
  • 2021/04/16 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第452号
  • 2021/04/09 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第451号
  • 2021/04/02 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第450号
  • 2021/03/26 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第449号
  • 2021/03/19 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第448号
  • 2021/03/12 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第447号
  • 2021/03/05 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第446号
  • 2021/02/26 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第445号
  • 2021/02/19 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第444号
  • 2021/02/12 (Fri) 10:00
    「あおもり歴史トリビア」第443号
  • 2021/02/05 (Fri) 10:00
    「あおもり歴史トリビア」第442号
  • 2021/01/29 (Fri) 10:00
    「あおもり歴史トリビア」第441号
  • 2021/01/22 (Fri) 10:00
    「あおもり歴史トリビア」第440号
  • 2021/01/15 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第439号
  • 2021/01/08 (Fri) 15:00
    「あおもり歴史トリビア」第438号
  • 2020/12/25 (Fri) 10:00
    「あおもり歴史トリビア」第437号
  • 2020/12/18 (Fri) 10:00
    「あおもり歴史トリビア」第436号
  • 2020/12/11 (Fri) 10:00
    「あおもり歴史トリビア」第435号
  • 2020/12/04 (Fri) 10:00
    「あおもり歴史トリビア」第434号

「あおもり歴史トリビア」第449号

2021/03/26 (Fri) 11:00
「あおもり歴史トリビア」第449号(令和3年3月26日配信)

■□■□■□■□■□■
〈青森市メールマガジン〉
■□■□■□■□■□■  

 こんにちは。文化財課の児玉です。私の趣味の一つに、廃校舎利用の施設巡りがあります。
 先日は、秋田県由利本荘市にあるリニューアルしたばかりの「鳥海山木のおもちゃ美術館」を見学しました。昭和29年(1954年)に当初は中学校として建築された、旧鮎川小学校を活用した施設で、国の有形文化財にも登録されています。秋田杉の木目を活かした床や壁、天井、建具など建築当時の特徴が残されています。館内には、地元産の木を使ったおもちゃや大型遊具を設置し、子どもから大人まで楽しむことができます。

 学校施設は、子どもの教育施設というだけではなく、地域社会の中心的な存在としての役割を果たしています。近年は、少子化による児童・生徒数の減少、市町村合併などの影響により学校の統廃合が加速しており、その施設の有効活用が求められています。
 現在、廃校施設等は様々な用途に活用され、例えば、博物館・美術館のほかにも公民館や体育館、中には宿泊施設などがみられます。

 青森市内にも廃校舎利用の施設がいくつかあります。
 昭和3年(1928)に浪岡尋常高等小学校として建築された「旧浪岡小学校」は、主としてヒバ材が使用され、外壁はモルタルで仕上げられています。校舎中央に塔屋があり、玄関上部にベランダをもつ車寄せが設けられています。内部は、片側に板敷の廊下があり、腰壁が縦板張となっています。1階は、隣接する「青森市中世の館」の第2展示室として、縄文時代から平安時代の出土品のほか、史料や鉄道の歴史に関する展示をしています。2階の教室だった場所は、研修室として利用されています。

 また、昭和57年(1982)に建築された旧野沢小学校は、鉄筋コンクリート造で、現在は「縄文の学び舎・小牧野館(青森市小牧野遺跡保護センター)」として活用されています。施設名のとおり、国指定史跡 小牧野遺跡のガイダンス施設として平成27年(2015)にオープンし、遺跡の出土品の展示や保管、遺跡に関する情報発信等を行っています。発掘調査体験コーナーや環状列石くみたてコーナーなどもあり、子どもも楽しめる施設となっています。
また、この施設が所在する高田地区では、昭和10年(1935)頃から平成10年(1998)頃まで断続的に「ねぶた」が運行されてきましたが、この施設を拠点に、平成29年(2017)に「高田ねぶた」として復活し、新たな地域活性化が生み出されています。


《問合せ》
青森市民図書館 歴史資料室
TEL:017-732-5271
電子メール: rekishi-shiryo@city.aomori.aomori.jp

青森市メールマガジンをご利用いただき、ありがとうございます。
登録の変更や利用停止の手続は、次の画面からどうぞ。
○青森市ホームページ
http://www.city.aomori.aomori.jp/mailmagazine-riyou.html
○携帯サイト「青森市mini」
http://www.city.aomori.aomori.jp/koho-kocho/keitai-mini/top/mailmagazine.html

-編集・発行---------
企画部広報広聴課
青森市中央1-22-5
TEL:017-734-5106
--------------------