バックナンバー

  • 2022/09/30 (Fri) 15:00
    「あおもり歴史トリビア」第523号(令和4年9月30日配信)
  • 2022/09/16 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第522号(令和4年9月16日配信)
  • 2022/09/09 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第521号(令和4年9月9日配信)
  • 2022/09/02 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第520号(令和4年9月2日配信)
  • 2022/08/26 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第519号(令和4年8月26日配信)
  • 2022/08/19 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第518号(令和4年8月19日配信)
  • 2022/08/12 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第517号(令和4年8月12日配信)
  • 2022/08/05 (Fri) 14:01
    「あおもり歴史トリビア」第516号(令和4年8月5日配信)の訂正について
  • 2022/08/05 (Fri) 13:30
    「あおもり歴史トリビア」第516号(令和4年8月5日配信)
  • 2022/07/29 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第515号(令和4年7月29日配信)
  • 2022/07/22 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第514号(令和4年7月22日配信)
  • 2022/07/15 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第513号(令和4年7月15日配信)
  • 2022/07/08 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第512号(令和4年7月8日配信)
  • 2022/07/01 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第511号(令和4年7月1日配信)
  • 2022/06/24 (Fri) 13:00
    「あおもり歴史トリビア」第510号(令和4年6月24日配信)
  • 2022/06/17 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第509号(令和4年6月17日配信)
  • 2022/06/10 (Fri) 14:00
    「あおもり歴史トリビア」第508号(令和4年6月10日配信)
  • 2021/07/16 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第465号(令和3年7月16日配信)
  • 2021/07/09 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第464号(令和3年7月9日配信)
  • 2021/07/02 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第463号
  • 2021/06/25 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第462号
  • 2021/05/14 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第456号
  • 2021/05/07 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第455号
  • 2021/04/30 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第454号
  • 2021/04/23 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第453号
  • 2021/04/16 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第452号
  • 2021/04/09 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第451号
  • 2021/04/02 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第450号
  • 2021/03/26 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第449号
  • 2021/03/19 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第448号
  • 2021/03/12 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第447号
  • 2021/03/05 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第446号
  • 2021/02/26 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第445号
  • 2021/02/19 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第444号
  • 2021/02/12 (Fri) 10:00
    「あおもり歴史トリビア」第443号
  • 2021/02/05 (Fri) 10:00
    「あおもり歴史トリビア」第442号
  • 2021/01/29 (Fri) 10:00
    「あおもり歴史トリビア」第441号
  • 2021/01/22 (Fri) 10:00
    「あおもり歴史トリビア」第440号
  • 2021/01/15 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第439号
  • 2021/01/08 (Fri) 15:00
    「あおもり歴史トリビア」第438号
  • 2020/12/25 (Fri) 10:00
    「あおもり歴史トリビア」第437号
  • 2020/12/18 (Fri) 10:00
    「あおもり歴史トリビア」第436号
  • 2020/12/11 (Fri) 10:00
    「あおもり歴史トリビア」第435号
  • 2020/12/04 (Fri) 10:00
    「あおもり歴史トリビア」第434号

「あおもり歴史トリビア」第512号(令和4年7月8日配信)

2022/07/08 (Fri) 12:00
「あおもり歴史トリビア」第512号(令和4年7月8日配信)

■□■□■□■□■□■
〈青森市メールマガジン〉
■□■□■□■□■□■  

 こんにちは! 室長の工藤です。
 先日、立川志の輔さんの落語「こぶとり爺さん」を聴きました。大変面白く聴いたのですが、私は昔話の「こぶとり爺さん」を知りません。いや、そもそも昔話自体をあまり知らないのです。
 幼い時に「本を読む」ことをしてこなかったことがいけなかったのでしょうか…。
 ちなみに、「泣いた赤鬼」に感動したのは大学生の頃でした。

 さて、かつてのテレビ番組「まんが日本昔ばなし」で「里見の稲荷」という昔話が紹介されていたのはご存知でしょうか。今から40年前、昭和57年(1982)1月2日に放送されたとのこと。
 お話の舞台は「青森の里見」という所で、「窪田の旦那」と呼ばれる庄屋さんが登場します。内容の詳細は割愛しますが、里見の「稲荷」の由緒にまつわるストーリーとなっています。ただ、このお話がいつ、どのような背景で成立したのか分かりません。語り伝えられてきたものではなく、番組のために新たに創作されたのかもしれません。しかし、ふたつの事実を確認することができます。
 
 ひとつは、「里見の稲荷」は中央1丁目に実在すること。そして、もうひとつは里見村には「窪田」という有力者がいたということです。由緒書によれば窪田家は4代目から三郎右衛門を代々名乗っています。由緒書では4代目の三郎右衛門は貞享3年(1686)頃に外浜の漁師の束ねである「外浜漁師頭」となっています。弘前藩庁の記録には、この頃の漁師頭に窪田佐右衛門という人物が出てきます。両者が同一人物であるとすれば、彼の漁師頭就任は数年さかのぼる可能性があります。

 さらに由緒書によれば、この三郎右衛門は大野・浦町・堤・勝田・浜田・荒川・沖館の7か村で新田開発を行い、後に藩庁から「里見新田頭」を命じられています。新田開発についてはやはり藩庁の記録からも確認できます。また、県立図書館にはこれと関係づけられそうな絵図があり、以前このメールマガジンでも紹介しました(2020年12月4日配信No.434)。

 ところで、「里見村」という名称は元文元年(1737)、2代目(窪田家5代目)の三郎右衛門のときに付けられたようです。そして翌年、稲荷神社が「里見村中」によって再建されています。『青森市史』第10巻社寺編は、稲荷神社の再建と新田開発との関連を指摘しています。これにしたがえば、「里見新田頭」であった窪田三郎右衛門と稲荷神社の再建は繋がってきそうです。

 こうしてみると、昔話「里見の稲荷」は17世紀末~18世紀初めの歴史的事情を踏まえたストーリー設定であるとみていいでしょう。

《問合せ》
青森市民図書館 歴史資料室
TEL:017-732-5271
電子メール: rekishi-shiryo@city.aomori.aomori.jp

青森市メールマガジンをご利用いただき、ありがとうございます。
登録の変更や利用停止の手続は、次の画面からどうぞ。
○青森市ホームページ
http://www.city.aomori.aomori.jp/mailmagazine-riyou.html
○携帯サイト「青森市mini」
http://www.city.aomori.aomori.jp/koho-kocho/keitai-mini/top/mailmagazine.html

-編集・発行---------
企画部広報広聴課
青森市中央1-22-5
TEL:017-734-5106
--------------------