バックナンバー

  • 2022/09/30 (Fri) 15:00
    「あおもり歴史トリビア」第523号(令和4年9月30日配信)
  • 2022/09/16 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第522号(令和4年9月16日配信)
  • 2022/09/09 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第521号(令和4年9月9日配信)
  • 2022/09/02 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第520号(令和4年9月2日配信)
  • 2022/08/26 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第519号(令和4年8月26日配信)
  • 2022/08/19 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第518号(令和4年8月19日配信)
  • 2022/08/12 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第517号(令和4年8月12日配信)
  • 2022/08/05 (Fri) 14:01
    「あおもり歴史トリビア」第516号(令和4年8月5日配信)の訂正について
  • 2022/08/05 (Fri) 13:30
    「あおもり歴史トリビア」第516号(令和4年8月5日配信)
  • 2022/07/29 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第515号(令和4年7月29日配信)
  • 2022/07/22 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第514号(令和4年7月22日配信)
  • 2022/07/15 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第513号(令和4年7月15日配信)
  • 2022/07/08 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第512号(令和4年7月8日配信)
  • 2022/07/01 (Fri) 12:00
    「あおもり歴史トリビア」第511号(令和4年7月1日配信)
  • 2022/06/24 (Fri) 13:00
    「あおもり歴史トリビア」第510号(令和4年6月24日配信)
  • 2022/06/17 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第509号(令和4年6月17日配信)
  • 2022/06/10 (Fri) 14:00
    「あおもり歴史トリビア」第508号(令和4年6月10日配信)
  • 2021/07/16 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第465号(令和3年7月16日配信)
  • 2021/07/09 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第464号(令和3年7月9日配信)
  • 2021/07/02 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第463号
  • 2021/06/25 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第462号
  • 2021/05/14 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第456号
  • 2021/05/07 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第455号
  • 2021/04/30 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第454号
  • 2021/04/23 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第453号
  • 2021/04/16 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第452号
  • 2021/04/09 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第451号
  • 2021/04/02 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第450号
  • 2021/03/26 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第449号
  • 2021/03/19 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第448号
  • 2021/03/12 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第447号
  • 2021/03/05 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第446号
  • 2021/02/26 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第445号
  • 2021/02/19 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第444号
  • 2021/02/12 (Fri) 10:00
    「あおもり歴史トリビア」第443号
  • 2021/02/05 (Fri) 10:00
    「あおもり歴史トリビア」第442号
  • 2021/01/29 (Fri) 10:00
    「あおもり歴史トリビア」第441号
  • 2021/01/22 (Fri) 10:00
    「あおもり歴史トリビア」第440号
  • 2021/01/15 (Fri) 11:00
    「あおもり歴史トリビア」第439号
  • 2021/01/08 (Fri) 15:00
    「あおもり歴史トリビア」第438号
  • 2020/12/25 (Fri) 10:00
    「あおもり歴史トリビア」第437号
  • 2020/12/18 (Fri) 10:00
    「あおもり歴史トリビア」第436号
  • 2020/12/11 (Fri) 10:00
    「あおもり歴史トリビア」第435号
  • 2020/12/04 (Fri) 10:00
    「あおもり歴史トリビア」第434号

「あおもり歴史トリビア」第514号(令和4年7月22日配信)

2022/07/22 (Fri) 12:00
「あおもり歴史トリビア」第514号(令和4年7月22日配信)

■□■□■□■□■□■
〈青森市メールマガジン〉
■□■□■□■□■□■  

 こんにちは。歴史資料室の村上亜弥です。

 令和4年(2022)は作家・芥川龍之介(1892-1927)の生誕130年という記念の年です。そこで、今回は昭和2年(1927)の芥川龍之介来青についてお話ししたいと思います。

 芥川は亡くなる2か月前の昭和2年5月21日に青森市を訪れ、出版社の改造社が主催する「現代日本文学全集講演映画大会」(会場:青森市公会堂)で講演を行いました。但し、『東奥日報』に掲載された講演会の広告には講演者として秋田雨雀(黒石町〈現黒石市〉出身の作家)と片岡鉄兵(岡山県出身の作家)の名前しかありません。実は、芥川の講演は急遽決まったものだったのです。

 この頃、改造社は全国各地で作家による講演会を開催していました。芥川は5月13日に上野駅を出発して仙台、盛岡、函館、札幌、旭川、小樽を回って講演を行い、5月21日の昼過ぎに青函連絡船で青森市に到着しています。この日は午後11時10分発の列車で新潟へ向かうため、発車時刻までは青森市内で休養をとる予定となっていました。

 東奥日報社の竹内俊吉(のちの青森県知事)は、この日の芥川のようすを「青森へ来た芥川龍之介」(『東奥日報』昭和3年7月13日付)という記事にまとめています。記事によると、青森市に到着した芥川は秋田が滞在している旅館・塩谷支店を訪れました。そこには講師の世話役として淡谷悠蔵がおり、芥川の到着を竹内に電話で知らせました。淡谷からの電話を受けた竹内は同僚の阿部泰雄とともに塩谷支店へ向かい、芥川と歓談しています。

 芥川が「林檎の花を見たことがないんです」と話すと、淡谷は「見に行きませんか、きれいですよ」と誘いました。淡谷は新城村でリンゴの栽培をしていたため、ぜひ見せたいと思ったのでしょう。リンゴの花についてさらに芥川が尋ねると、淡谷は「淡紅色のカーネーションに似てゐます」と答えています。芥川はしばらく考えたあと「行つて見たいな・・・」と言いましたが「二時十分の奥羽線上り列車には十分おそかつた」ため、断念したといいます。

 このできごとについては、芥川が講演旅行で感じたことなどを記録した「東北・北海道・新潟」(昭和2年8月1日発行の雑誌『改造』に掲載)に「もう十分早かつたら、林檎の花の咲いた中にほのぼのと鮭を食つてゐたものを」とあります。短い文章ですが、リンゴの花を見ることができず残念に思っていたことがわかりますね。

 この後、芥川は公会堂で講演を行うことになるのですが、続きは8月の担当回でお話ししたいと思います。

※芥川龍之介「東北・北海道・新潟」は『芥川龍太郎全集』第15巻(1997年 岩波書店)に収録されています。



《問合せ》
青森市民図書館 歴史資料室
TEL:017-732-5271
電子メール: rekishi-shiryo@city.aomori.aomori.jp

青森市メールマガジンをご利用いただき、ありがとうございます。
登録の変更や利用停止の手続は、次の画面からどうぞ。
○青森市ホームページ
http://www.city.aomori.aomori.jp/mailmagazine-riyou.html
○携帯サイト「青森市mini」
http://www.city.aomori.aomori.jp/koho-kocho/keitai-mini/top/mailmagazine.html

-編集・発行---------
企画部広報広聴課
青森市中央1-22-5
TEL:017-734-5106
--------------------